電動芝刈り機購入 早く買えばよかった。

今まで、手動の芝刈り機で芝を刈っていたのですが、どうも、刈った後切り口が枯れているようだったんで調べてみました。

どうやら芝刈り機の切れ味が悪くなると、芝を引っ張って刈る形になるため、切り口が枯れるということがわかりました。そのため、やすり等で刃を研いだりしたのですが、やっぱり厳しいということで、芝刈り機を購入することにしました。

そして、年に4~5回暑い夏の中で芝を刈るので、ここは思い切って電動芝刈り機を購入することにしました。

ちなみに、電動芝刈り機は、電源コード式と充電式の両方がありますが、迷わず電源コード式を選びます。

芝刈り機を月1回程度しか使わないので終わった後に充電しても、次回使うときに結構放電されてしまい、全部刈り切れるのかが不安というのが主な理由。やすいバリカンの充電式の芝刈り機も持っていたのですが、使っているとすぐにバッテリー切れを起こして役に立たないという状況でした。値段も電源コード式のほうがお安いという理由もあります。

メーカーはいろいろと調べてみましたが、RYOBIの芝刈り機がやはり、よさそうです。中国あたりの芝刈り機はやっぱりレビューでトラブルが書かれていて、お高い買い物なのでここは、国産のしっかりしたメーカーから買うことにします。

あと種類は、バリカン型と、リール式があるのですがここは迷わず、リール式を選びます。やはり刈った芝をかき集めるのは大変なのと、リール式のほうが早く刈れるからという理由。

ここからあとは機種を選ぶだけ、機種は、RYOBI LM2810、 RYOBI LM2310 の2択になります。2810と2310の違いは刈幅の違い、28cmか23cmのどちらかということです。価格差は、2000円程度。収納のことも考えて、2310にすることにしました。


購入したのは、こちらの楽天のホームセンターエース 

RYOBI(リョービ)電気芝刈機(LM-2310) 芝生のお手入れに!【リョービ RYOBI  電動芝刈り機 芝刈機 芝刈り リール式 芝刈り機】【送料無料!】超激安
ホームセンターエース
従来の1面研磨から2面研磨を採用し、鋭い刃先は狂いのない真っ直ぐな刃で、ワンランク上の切れ味を実現。


楽天市場



当時は、18500円でした、5000ポイントと500円クーポンを使って14,450円にて購入。もちろん送料込み。
お取り寄せという話でしたが、翌日には届いてました。

画像


画像


さて、刈りごごちですが、ケガするくらいに刃が鋭いです。使う前にその刃がきちんと刈り取れるかどうかの調節が必要になります。あまりきつくすると刃を痛めますし、緩いと芝が切り口が枯れてしまいます。
手で回して軽く刃がカリカリいう位程度に付属の六角レンチで締めます。

刈高は、ダイアルで指定できます。デフォルトで電源延長ケーブルもついているので、家の庭ならそのまま刈り取れます。

画像



音は、やっぱり通常の芝刈り機のようにうるさいです。早朝とかに芝刈りすると近所迷惑になるので昼間にするのがよさそうです。

あと、ケーブルが結構邪魔です。芝を刈るときに電源ケーブルが刈る場所にないようにしてから刈る必要があります。

それでも、芝刈りが楽です。きれいにすぐに刈れます。いままで1時間程度汗水たらして芝を刈ってたのが、15分程度で終わってしまいます。もっと早く買ってればよかった。

おわったら、刃をきれいにふき取り、CRC556をスプレーしてから刃を緩めておきます。ちなみに、縦型にすることができるので多少場所は取らないで格納できます。

画像



刈り取った芝は、もちろん枯れることがなく、冬の間でも結構青々としてます(暖冬というのもありますが)。

ということで、電動芝刈り機を購入予定の方は、参考にしてみてください。

Amazon でもLM-2310は購入できます。詳しくはこちら。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック